#

一橋祭は、毎年11月初旬に行われる一橋大学の全学祭です。
毎年20万人もの来場者がキャンパスを埋め尽くす一橋祭。
そんな素敵なお祭りを紹介します。

一橋祭概要

第47回一橋祭
2016年11月4日(金)、5日(土)、6日(日)
10:00 ~ 17:00 ※6日のみ10:00 ~ 16:00
一橋大学 国立キャンパス

一橋祭とは、例年11月初旬に開催される、一橋大学の全学祭のことです。普段はアカデミックな雰囲気が漂い穏やかな時間が流れるキャンパスも、一橋祭が開催される3日間は普段の様子からは想像もつかないほど賑やかな空間になります。

キャッチコピー・ロゴマーク

祭能開花

日頃の活動を発表する人、来場者、一橋祭運営委員。一橋祭に懸ける想いは人それぞれです。
あなたは一橋祭に何を想いますか?
あなたのその想いが第47回一橋祭で花開くことを願って、 このキャッチコピーを定めました。

logo

花を構成する8つの円は一橋祭の7つの参加形態+来場して楽しんでもらうという、 全8つの参加方法をイメージしています。 下部の心電図の様な線は、あえて線の右側を高い位置に配置することで、 今まで以上に素晴らしい一橋祭を創るという思いをこめました。

マスコットキャラクター

ぽん吉

ぽん吉

一橋大学の森に棲むたぬき。祭りの賑やかな雰囲気に誘われて出てきた。 元気な男の子でキャンパス内外をよく散歩している。 まだうまく化けることができず、練習のための人間観察が好き。

ぽん吉はマイナビ主催の第4回学園祭マスコット総選挙に出場しています! 1日1回、下記のURLから投票できます。
http://c.student.mynavi.jp
期限は11月30日までです。

ぽん吉Twitter(@ponkichi_iks)ではぽん吉の可愛いイラストを随時更新中なので、そちらもお見逃しなく…!みなさんのご協力、よろしくお願いします!!

委員長挨拶

一橋祭.comをご覧いただき誠にありがとうございます。

さて、皆さんは何を求めて祭りに来場するでしょうか?
模擬店の料理、バンドのライブ、展示発表などなど、求めるものは人それぞれだと思います。私たち一橋祭運営委員会は、一橋祭を「一橋生の発表の場」と定義しており、一橋祭という1つの空間の中には多様な発表が存在しています。必ずや、皆さん1人1人のニーズに沿った楽しみ方を発見することができるでしょう。
多様な発表とそれに対する多様な楽しみ方、それぞれの持つベクトルは違うかもしれません。しかし、そのバラバラなベクトルが間違いなく一橋祭という1つの非日常空間を作り上げています。
今年も、学園祭らしい企画から、一橋大学らしい学術的な企画や地域のお祭りとのコラボ企画まで、様々な企画を用意しております。是非ご来場いただき、そして一橋生の「祭能」を感じ取っていただければ幸いです。

それでは、第47回一橋祭~祭能開花~、開幕です。

第47回一橋祭運営委員会委員長 
社会学部3年 山口豪輝

昨年度の様子