本企画は、一橋大学の学部生によるゼミ対抗形式のプレゼンコンテストです。

本学を代表する計3つのゼミが「構成力・発信力・内容の深さ」を満たすプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションのテーマは各ゼミの専攻に関するものとなっておりますので、各ゼミの日頃の研究が最大限に生かされるものとなっています。そして、一橋の教員である審査員の投票により、最も優れたプレゼンテーションを行ったゼミを決定し、優勝賞金10万円を贈呈します。

後期ゼミ選択を考えている学部1,2年生から、未来の一橋生となる受験生、一橋のゼミにご関心のある方まで、是非お気軽にお越しいただき、「ゼミの一橋」を体感してみてください。

青島ゼミ(商学部)

専攻 イノベーションマネジメント

普段勉強していること
ビジネスケース:イノベーションがいかにして起きたか詳細に追いかける。また、記事内の会社のこれからを考えるなど。教授からの問いに答えながら学ぶ。

プレゼンの概要
イノベーションマネジメントは、会社内の文系と理系の橋渡しである。イノベーションとは何かから伝えます。

ひとこと
会場にいる人全員に、『青島ゼミ!あぁ~イノベーションマネジメントの!』と覚えて帰ってもらいます!

塩路ゼミ(経済学部)

専攻 マクロ経済学

普段勉強していること
ゼミ生が話し合いで決めていて、今学期は、失われた20年に関する教科書を選びました。加えて、12月に行われる他大学との合同ゼミに備え、ヘリコプターマネー政策についても勉強しています。

プレゼンの概要
直観でわかるお金のはなし

ひとこと
経済学部に興味のある高校生にぜひ聞いてほしい内容です。会場で待っています!

清水ゼミ(商学部)

専攻 経営学・イノベーション

普段勉強していること
イノベーションにまつわる文献の輪読・企業への事業提案(年1~2回)・一橋大学ビジネスプランコンテストへの参加・ケーススタディー55本ノック・イノベーティブなカレーづくりの探求・厳しい厳しい卒論指導

プレゼンの概要
身近な事例を通じて、「なんとなく聞いたことある」という「イノベーション」という概念を理解してもらう

ひとこと
優勝はもちろんのこと、帰り道に私たちの発表を友達に話したくなるような、そんなプレゼンを目指します!

小島健先生(一橋大学大学院経済学研究科講師)

創価大学経済学部卒業。大阪大学大学院経済学研究科修士課程・博士課程修了。大阪大学社会経済研究所特任研究員、スペイン・Market,Organization and Votes in Economics派遣研究員などを経て、2015年より一橋大学大学院経済学研究科に所属。専門は行動経済学、マクロ経済学。

宮川大介先生(一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授)

早稲田大学政治経済学部、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経済学部大学院を卒業後、日本政策投資銀行設備投資研究所副主任研究員、ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所 研究員を歴任。一昨年、日本大学経済学部准教授に就任し、昨年から本学国際企業戦略研究科准教授を務める。専門は金融仲介、企業ダイナミクス。