商経法社合同公開講義
〜これを知らずに働けますか?〜

企画紹介画像
logo_icon

企画情報

団体名 一橋祭運営委員会
企画日時 23日 14:30~16:40
企画場所 西本館31教室
講師 福地宏之(一橋大学経営管理研究科准教授)
森田穂高(一橋大学経済研究所教授)
角田美穂子(一橋大学法学研究科教授)
森千香子(一橋大学社会学研究科准教授)
企画形態 講演会企画
logo_icon

企画概要

毎年、受験生をはじめとした多くの来場者に支持されている公開講義です。
一橋大学の4つの学問、商学・経済学・法学・社会学それぞれの視点から、「労働」をテーマに一橋で教鞭を取る先生方が講義をします。20分ずつの講義だから気軽に一橋の学びを体験できるチャンスです。さらに、4分野の講義を一度に聞けるのはこの公開講義だけ!
一橋大学の受験を考えている高校生から一橋の学問に興味のある方まで、お気軽にお越しください。文系トップクラスの一橋大学の学びに、あなたも触れてみませんか?

logo_icon

講師紹介

商:福地宏之(一橋大学経営管理研究科准教授)

【講師プロフィール】
一橋大学経営管理研究科准教授。一橋大学商学部卒業、一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。専門は経営戦略論。

【ご講義紹介】
Coming soon......

【受験生へのメッセージ】
企業の戦略を考える戦略論や消費者行動を考えるマーケティングなど、経営学は面白く役に立つ学問です。皆さんに興味をもってもらえると嬉しいです。

経済:森田穂高(一橋大学経済研究所教授)

【講師プロフィール】
一橋大学経済研究所教授。東京大学経済学部卒業、コーネル大学大学院経済学研究科博士課程修了。専門は産業組織論、組織経済学、労働経済学。

【ご講義紹介】
『雇用慣行の国際比較分析:日本と米国』
日本と米国の雇用慣行の相違については、それが近年どのように変化しているのかも含め、様々な角度から研究されてきました。この講義では、離職率・企業内訓練・熟練の企業特殊性の相互連関を簡単な数理モデルを使って分析するなかで、雇用慣行の相違をいかに理解し、またその現状と今後をいかに予測し得るかについて議論します。

【受験生へのメッセージ】
自分の頭でとことん考え、自分の頭で理解し、そこから出てくる独自の発想やアイディアを自分の言葉でわかりやすく表現する。これから何を学び、何を研究するにせよ、このことを常に念頭におかれるようお勧めします。

法:角田美穂子(一橋大学法学研究科教授)

【講師プロフィール】
一橋大学法学研究科教授。一橋大学法学部卒業、一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。専門は民法、消費者法。

【ご講義紹介】
ロボアドバイザーというサービスをご存じですか? スマートフォンで年齢、職業、投資目的や投資経験などの簡単な質問に回答を入力すると、回答者に適したポートフォリオを提示し、そのまま「ロボット」に資産運用をお任せするといったオンライン・サービスです。今まで人がおこなってきた業務が「ロボット」つまり「機械」により自動化されたとき、人のルールがそのまま「機械」にも適用されるのでしょうか? 顧客が資産運用に失敗したときに誰が責任を負うのでしょうか? こういった問題を考えます。

【受験生へのメッセージ】
「一橋大学に入ってよかった!」と思ってもらいたい。我々も、日々、そう考えて努力しています。お会いできるのを楽しみにしています。

社会:森千香子(一橋大学社会学研究科准教授)

【講師プロフィール】
一橋大学社会学研究科准教授。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了、フランス社会科学高等研究院社会学研究科博士課程修了。専門は都市社会学、移民政策。

【ご講義紹介】
『2019年外国人受け入れ拡大と日本社会が直面する新たな課題』
1990年代以降、日本は様々な形で外国人労働者を受け入れ、既に労働者の50人に1人が外国籍です。それでもなお深刻な人出不足を解消するため、政府は来年4月より外国人労働者の受け入れを拡大する方針を明らかにしました。こうして多文化化が進行するなか、どのような新たな課題が生まれているのか、克服するにはどのような取り組みが求められるのかを考えていきます。

【受験生へのメッセージ】
今年、東京23区の新成人8人に1人は外国籍でした。社会の多文化が進むなか、異なる背景をもつ人たちと「共生」するスキルを社会学部で学びませんか。

▶ 一覧に戻る
red_arrow