一橋大学 地方生応援
      
 

地方生必見。

地方生応援

 こんにちは!受験勉強は順調でしょうか?皆さんもすでにご存知のとおり、試験に合わせたコンディション調整は勉強と同じくらい大事です。とくに地方生にとって東京という場所はそれだけで調子が狂わせてしまうほど異質な環境です。このコンテンツでは、慣れない東京という場所での宿泊に焦点を当て、遠くからはるばる一橋に挑むみなさんを応援します!!先輩たちの経験を活かして不必要な失敗を回避しましょう!

      
    

ホテルの予約

 これを読んでいるそこのあなたは、(3年生であれば)ほとんどが一橋に志望校を絞っていることでしょう。もう、一橋しか受けるつもりないでしょ?

ないでしょ?

ですよね。

ホテル、取りましょう。

さっさと取ってしまいましょう。

 これは地方出身生みんなが口を揃えて言うことですね(筆者の肌感覚)。すぐなくなってしまいますからね。これ、本当ですよ!筆者は11月に取ろうとして狂死んだことを覚えています。ちなみにホテルの場所は8割もの人が立川(筆者調査)!!八王子や吉祥寺もちらほらいますが、やっぱり少し遠いですからね。国立と隣駅の立川、近くて便利でオススメです。コンビニみたいですね。

 しかし、国立(くにたち)での宿泊はひとりもいませんでした。…なんでですかね(笑) 国立にはホテルがほぼないらしいですが、それにしてもひとりもいないか…。国立のホテルに泊まれたらドヤりましょうね。

 それから、地味に大事な宿泊日数。筆者の調査によれば実に6割もの人が前日入りということでしたが、2日間以上宿泊した人が40%となかなかの割合でいました。それぞれを比べてみましょう。

 まず、前日入りのメリットは宿泊費を抑えられるということ。単純に半分以下ですね。あとは、直前まで自分の本拠地で準備ができるということ。これって案外大事ですよ。デメリットは試験時間に合わせて下見に行けないことや、落ち着いて試験前日の時間を過ごせないことが挙げられるでしょう。移動、チェックイン、下見、次の日の準備などなど、案外バタバタしてしまうので前日入りするのであれば出発前の準備は周到にしときましょう。

 次に、2・3日宿泊することのメリットです。2日間もあれば十分西東京に慣れる時間を取れますし、下見も試験の時間に合わせて行くことができます。前日の朝から

    

校舎を案内してくれる学内団体の方々(怪しい人ではないです。そのはずです。)は本当に親切なので、しっかり甘えましょう。デメリットは、宿泊費が高くなってしまうこと、ホテルでの時間が調子を狂わせてしまう可能性があるということ。机が小さかったり、暗かったり、、、何かとそれまでの環境とは異なるということには注意した方がいいでしょう。

 それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで最良の選択をしましょう!!

ホテルでの時間の使い方

 ここでは実際に先輩たちがどうやって過ごしたかを一気に紹介していきます!参考にしたうえで自分なりの「正解」を考えておきましょう!

・1時間くらい勉強

・座禅

・ずっとゲーム

・ゴロゴロしながら赤本。

・ちょっと勉強してからしっかりイメトレ。あとは寝る。狭い風呂が嫌だったから事前に調べておいた銭湯に行った

・母とおしゃべり

・テレビ見る。Enjoy!

・友達と二人の時間を過ごした

・スマホいじる

・ひたすら見直し

・お菓子

・世界史の用語集、漢字などその場で出来るものだけやって早めに寝た

・のんびりまとめノートを読んだ

ほかにもいろいろ

下見

 先ほどもチラッと出てきた下見のお話をもうチラッとだけ。

筆者調査によれば下見をした人は55%。大体半分の地方生は下見せずに試験に臨むようです。ちなみに先ほどチラッと言いましたが、前日は朝から受験生を案内してくれる団体がいくつかあります。受験生っぽい雰囲気を出しておけば話しかけてくれるはずです。みなさん親切な人ばかりですのでしっかり甘えておきましょう(筆者は2日目が終わるまでLINEでも応援していただきました)!かなりリラックス出来るはずですよ!

生協

 あまり知られていないことですが、試験当日のお昼休憩(←なっがいですよ)は食事場所として生協が解放されます。売店は営業していませんが、ふだん一橋生が頻繁に利用している場所でメシ食えるってなんかウキウキしませんか!?

…しそうな人だけ当日は利用してください

メッセージ!

 最後に、みなさんと同じ地方出身の先輩からメッセージです!等身大です(笑)

・立川パ◯スホテルおすすめ

・試験前日は早く寝ること!!

・ホテルは早めに(夏頃)確保するべき。下見はしてもしなくてもよいと思う。宿泊先で極力リラックスできるよう準備を整えておくべき。

・友達からの応援メッセージは意外と心の支えになる

・どこに住んでいようが、努力だけがあなたの味方です

・出来れば親についてきてもらった方が精神的に楽です。一橋に来たことがないなら必ず下見をしましょう

・下宿先は早く選ぼうね

・下見は大事!

・興奮して寝れなかったりするかもしれません。寝坊に気をつけましょう。

・夏休みごろからホテルを予約することをおすすめします。両親と仲がいい場合は、ついてきてもらうとチェックイン・チェックアウトの心配をしなくていいので、けっこうアドバンテージになると思います。

・前日で十分かな

みなさんが万全の状態で試験に臨むことができるのを、心から願っています!!

>