IKKYOSAI for Participants

一橋祭とは

一橋祭は11月下旬に行われる一橋祭で、毎年多くの来場者が訪れ、にぎわいます。学内生をはじめとして、一橋大学の受験を考えている高校生や地域住民の方、他大学の学生などその来場者は老若男女様々です。

開催日程変更について

2017年度第48回一橋祭は、開催日程を11月上旬から11月下旬(今年度は24.25.26日)へ変更します。これは一橋大学の学期制が4学期制へ変更したことにより、例年の一橋祭開催期間であった11月上旬と秋学期の試験期間が重なり、参加学生の準備等のハードルが高くなると当委員会が判断したためです。
開催時期が変更されることにより、ご不便ご迷惑をかけることもあるかと思いますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。より良い一橋祭を作れるよう委員一同努力させていただきます。
また、この変更に伴いまして、天下市、くにたち秋の市民祭りは一橋祭とは別日程での開催となります。天下市は3~5日、くにたち秋の市民祭りは5日開催と例年通りの開催となります。そちらもぜひご来場ください。

委員長挨拶

一橋祭.comにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

今年で一橋祭は48回目を迎えようとしています。「48」という数字は決して短い年月ではなく、今までの長い一橋祭の歴史を物語っております。これは私たち一橋祭運営委員会だけではなく、一橋祭に参加してくださっている参加団体の皆様並びに来場者の方々のおかげであります。

例年一橋祭は11月の上旬で行われていたところ、今年は四学期制移行の影響もあり、11月の下旬である、24日(金)・25日(土)・26日(日)に開催されることとなりました。急な変更により、例年一橋祭にご参加くださっている参加団体の方にはご迷惑をかけることとなりまして、誠に申し訳ありません。

今年は前述の四学期制移行やカリキュラム変更など、グローバル化移行という大きな変化がありました。このように歴史とともに大学や環境は変化していきます。しかしそういった歴史における変革の中でも、屈することなく脈々と受け継がれ昔と変わらないものがあります。それは、一橋生のエネルギー・盛り上がりです。我々はこのようなエネルギーや盛り上がりを大切にしたいと考えております。

一橋祭は、皆様が一橋大学のキャンパスライフにおいて熱中したことを発表する絶好の機会です。一橋祭当日は、多種多様な模擬店、ステージでのパフォーマンス、個性豊かな屋内企画、そして一橋らしい学術的な講演会・ゼミ発表企画が割拠し、一橋生のエネルギーは、一橋祭という舞台を通じて、広く社会に発信されていきます。ぜひ、一橋祭に参加していただいて、皆様のエネルギーを発信する場としてご活用いただけたら幸いです。

一橋祭は私たち一橋祭運営委員会だけでは創り上げることはできません。
一橋生の皆様をはじめとした、さまざまな方々の支えがあって成立します。
そうした方々に恩返しができるよう、そして第48回一橋祭を過去最高のものにできるよう、委員一同今後とも努力してまいります。
最高の一橋祭を作るためにも、どうかご協力・ご参加の程よろしくお願いします。

末筆とはなりますが、本年度一橋祭をよろしくお願いいたします。

第48回一橋祭運営委員会委員長
法学部3年 吉川侑輝