IKKYOSAI for Participants

participants

一橋祭について

About Ikkyosai

一橋祭は毎年11月に行われる一橋大学の全学祭です。毎年多くの来場者が訪れ、普段は静かなキャンパスが熱気に包まれます。

本年度第49回一橋祭は、11月23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)に行われます。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

三祭合同開催に関して

line

2016年度まで、一橋祭は地域のお祭りである「天下市」および「くにたち秋の市民まつり」と11月上旬に合同でお祭りを開催させていただいておりました。当日は駅前の大学通りから一橋大学構内まで、学生や地域の方々を始めとして多くの来場者で賑わい、国立の街が一体となって盛り上がりを見せておりました。

しかし、昨年度から一橋大学が4学期制を導入したことにより、いままで一橋祭が開催されていたタイミングに秋学期の期末試験期間が重なりました。それに伴い、当委員会内で開催日に関して話し合いを行った結果、学生および学内団体の一橋祭への参加ハードルや企画・模擬店準備、そして当委員会委員の負担を考慮し、昨年度一橋祭と同様に11月の下旬に開催することを決定致しました。

一橋祭の開催日の変更に伴いまして、「天下市」を主催する国立市商工会青年部の方々、そして「くにたち秋の市民まつり」を主催する実行委員の方々と、今後の合同開催に関してお話をさせていただきましたが、もちろん両主催団体およびその関係者の皆様のご都合もあり、昨年度および今年度一橋祭では別日で開催する運びとなりました。

昨年度に引き続き今年度一橋祭も、「天下市」および「くにたち秋の市民まつり」の二つのお祭りと別日開催となりますが、今後とも、地域の二祭主催団体の皆様との連携を続け、協力体制を築きあげていく所存でございます。また、学内団体の皆様がより楽しんでいただける一橋祭を築きあげることを重視する姿勢も変わることはございません。

今回の決定に関しまして、学内際の皆様にご迷惑をおかけする部分もあるかと思いますが、どうかご理解をいただけますと幸いです。今年度一橋祭も何卒よろしくお願い致します。

委員長挨拶

line

この度は一橋祭参加団体向けWEBページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。このサイトには、主に一橋祭への参加を希望される方に向けた情報が掲載されております。参加をご検討されている皆さまは是非ご参照ください。

学内生の皆さまをはじめとした多くの皆様のご協力のもと、一橋祭は今年度で第49回目を迎えようとしております。49年という月日は決して短いものではなく、特に近年では開催区域変更や大学の4学期制移行に伴う開催日程の変更など、一橋祭は大きな転換期を迎えている最中でございます。

しかし、そんな長い年月の中でも、一橋祭が開催された当初から培ってきた「一橋生の発表の場」という理念は現在におけるまで脈々と受け継がれてきております。一橋生が持つエネルギー・熱量を最大限発信することができる場としての一橋祭を守るべく、今年度も委員一同全力を尽くしていく所存でございます。模擬店企画やステージ発表、ゼミによる講演会など様々な企画形態を通して、日々の活動成果を存分に発揮していただければ幸いです。

第50回という節目の年を目前に控え、今年度の一橋祭は更なる飛躍を成し遂げていきたいと考えております。しかし、それは参加団体の皆さまのご参加がなければ到底叶うことはないでしょう。年に一度の全学祭を最高潮に盛り上げるため、皆さまの積極的なご参加を心よりお待ちしております。

一橋祭まで、残すところあと半年を切っております。末筆になりますが、今年度も一橋祭をよろしくお願いいたします。

第49回一橋祭運営委員会 委員長
社会学部3年 松田 大佑

環境への取り組み

line

一橋祭では、環境に配慮した様々な取り組みを行っております。ここではそのうちのいくつかをご紹介します。

①エコ容器の取り扱い・間伐材割り箸の使用
一橋祭では数多くの模擬店が出店していますが、そのほとんどがエコ容器や間伐材割り箸を使用しています。
一橋祭が取り扱っているエコ容器にはいくつかの種類があり、小さく折りたためるタイプのものやフィルムを剥がすことで再利用することができるタイプのものなど様々です。また、間伐材割り箸は、木から木材を切り出す際に出る余分な部分を使用して作った割り箸のことです。木材を無駄なく使用することによって伐採する木を減らすことができるため、普通のものに比べて環境に優しい割り箸になっています。

②エコキャップ回収
集めたペットボトルキャップを進栄化成株式会社に送付することでキャップをリサイクルし、それによって出た利益を障がい者や貧困者の支援に充てるといった活動をしています。

③廃油回収
一橋祭の模擬店には食用油を使っている団体が多くあります。私たちはそのような使用済みの食用油を回収して植物性の燃料に再利用する活動を行っています。最終日に全模擬店から出た廃油を回収することで、仮設水道などに油がそのまま流され、環境が汚染されてしまうことを防いでいます。

昨年度の会計報告

line

第48回一橋祭運営委員会の会計報告はこちらでご覧いただけます。