学術系/講演会

第3回 ゼミ対抗プレゼンコンテスト

基本情報

タイトル
企画紹介 「ゼミの一橋」、ここにあり。 一橋を代表するハイレベルなゼミが、優勝賞金10万円を懸けて、プレゼンで競い合います。 一橋生のアカデミックな姿を、ぜひご覧あれ。
企画日時 25日 11:00~13:20
団体名 一橋祭運営委員会
実施場所 如水会百周年インテリジェントホール
ジャンル 学術系/講演会

企画概要

みなさん、“ゼミ”って何だか知っていますか?
ゼミとは、「1人の教授のもとに、少数の学生が特定のテーマについて研究・発表・討論を行う授業の形式」です。


この企画では、一橋大学の中でも最高峰のゼミが、普段学んでいるテーマをもとにプレゼンを行います。学生による普段の研究活動の成果を見られるコンテストとなっています。審査員の先生方による評価と来場者投票によって、優勝ゼミを決定します。最も優れたプレゼンを行ったゼミには、優勝賞金10万円を贈呈します。


後期ゼミ選択に悩んでいる1.2年生から、一橋大学の受験を考えている高校生、一橋の学問に興味のある方まで、お気軽にお越しください。これが一橋生の本気です。

出場ゼミ紹介

加賀谷ゼミ(商学部)

<ゼミの研究内容や魅力>
加賀谷ゼミは会計のゼミですが、数学のウラにある企業活動にまで思いを巡らせ、より現実に即した分析を行うことを目指しています。会計“を”学ぶのではなく、会計“で”学ぶゼミです。

<コンテストへの意気込み>
数学と事象をロジカルに組み合わせることに自信があります。一橋大学生のインテリジェンスを来客の皆様に感じていただけるよう頑張ります!

円谷ゼミ(商学部)

<ゼミの研究内容や魅力>
我々のゼミは企業の情報開示について研究しています。投資家への情報公開は企業の業績を決める大きな要因であり、日本経済の停滞の原因を解明する力を秘めている大変面白い学問です。

<コンテストへの意気込み>
我々のゼミは来年発表する論文の内容を一部改変してこの場で発表させて頂きます。論文内容は高度なものですが、知識が無い方にも分かりやすいように工夫をこらしています。応援よろしくお願いします。

青木ゼミ(法学部)

<ゼミの研究内容や魅力>
国内法と国際法の中間的な位置づけで、日本についても外国についても知識が深まるのが面白いところです!

<コンテストへの意気込み>
プレゼンに強い商学部と、法律専門家集団の民法ゼミに負けないように頑張ります!

角田ゼミ(法学部)

<ゼミの研究内容や魅力>
角田ゼミでは、民法の中でも財産にフォーカスを当てて議論します。最近の判例を取り上げることも多く、今何がホットな話題なのか、また3年後の民法改正での注意すべきポイントも学ぶことができます。

<コンテストへの意気込み>
今回は、みなさんが普段何気なく使っているスマートフォンに起こりうるトラブルにスポットを当てます。法律って実は生活に根ざしているものだと感じてもらえれば嬉しいです。

審査員紹介

岡室博之先生

一橋大学経済学研究科教授、同研究科長。一橋大学経済学部卒業、ボン大学(ドイツ)大学院経営学研究科博士課程修了、博士(経済学)。専門は経済政策。

町村敬志先生

一橋大学社会学研究科教授。東京大学文学部卒業、同大学大学院社会学研究科博士課程修了、博士(社会学)。専門は都市社会学。

羽田啓一郎先生

マイナビ地域活性事業部、わかもの事業企画部部長。キャリア甲子園、「MY FUTURE CAMPUS」責任者。

<<prev

注目企画一覧へ戻る

next>>