学術系/講演会

四学部合同公開講義
~考えよう、環境。~

四学部合同公開講義の写真①
四学部合同公開講義の写真②

基本情報

タイトル
企画紹介 一橋の“学び”に触れる。
一橋大学の4つの学部、すべての学部の講義を見れる【欲張りな】講演会。
企画日時 26日 12:30~14:50
団体名 一橋祭運営委員会
実施場所 西本館31教室
ジャンル 学術系/講演会

企画概要

「一橋大学ではどんなことを学べるの?」
そんな疑問はここで解決!毎年、多くの受験生から支持されている公開講義です。


一橋大学の商学部・経済学部・法学部・社会学部、4つの学部の先生が「環境」をテーマに各学部の視点から講義をします。各学部20分の講義に加え、質疑応答の時間には学部の異なる先生方のやり取りを見ていただけます。


一橋大学の受験を考えている高校生から、一橋の学問に興味のある方まで、お気軽にお越しください。これが“社会科学の殿堂”、一橋大学です。

講師紹介

商学部:青島矢一先生

一橋大学商学研究科、イノベーション研究センター教授。一橋大学商学部卒業、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院博士課程修了、経営学博士。専門は経営学、イノベーションマネジメント。

ご講義紹介

【経営学者が考える環境・エネルギー問題】
「経済成長」「温室効果ガスの削減」「脱原発依存」、これらのお互い矛盾する問題を解決するために有効な「再生可能エネルギー」とは……。イノベーションをご専門とする青島先生が、「太陽光発電」を中心に再生可能エネルギーの展望について分かりやすく解説します。

受験生へのメッセージ

「現実社会とつながった多様な学問を勉強できるので、期待して、受験をがんばって下さい。」

経済学部:山下英俊先生

一橋大学経済学研究科准教授。東京大学教養学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退、博士(学術)。専門は資源・環境経済学、廃棄物・リサイクル・エネルギー政策。

ご講義紹介

【経済学は環境問題が苦手?】
お金で評価することができない「環境問題」に、お金の世界を得意とする「経済学」はどのようなことができるのか?資源・環境経済学をご専門とする山下先生が、「環境」という分野を考える上で必要なことを分かりやすく解説いたします。

受験生へのメッセージ

「循環」と「再生」をキーワードとして、地域レベルで持続可能性について考えています。この分野は、私たち人間の運命に関わる学問といえます。たとえ経済的な価値が評価できなくても、守らなければいけない、育てなくてはいけない、価値あるものを大切にする方法を考えるのが私たちの役目です。あなたも、次の世代にどんな未来を残していくか、ぜひ考えてみませんか。

法学部:伹見亮先生

一橋大学法学研究科准教授。早稲田大学法学部卒業、早稲田大学大学院法学研究科博士課程(単位取得満期退学)。専門は中国法、比較法学。

ご講義紹介

【中国の環境問題~厳しい現実と法の意味】
経済発展の目まぐるしい中国において、環境悪化は無視できない問題となっています。中国では環境法は整備されているのか?環境法はしっかりと守られているのか?中国法をご専門とする伹見先生が、中国の抱える環境問題を法学の観点から分かりやすく解説します。

受験生へのメッセージ

「ここは学び、考え、成長するために最高の場所です。
みなさんとこの場所で時を過ごせることを楽しみにしています。」

社会学部:林大樹先生

一橋大学社会学研究科教授。一橋大学社会学部卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程(単位取得満期退学)、社会学修士。専門はコミュニティ政策、人間環境論。

ご講義紹介

【人間環境論】
一橋大学の社会学部の人気授業である“人間環境論”を公開講義用にまとめた講義です。現代社会における人間的な生活空間を維持するための思想、政策、活動について考察します。まちづくりにおいて必要な学問を包括的に理解することができる講義です。

受験生へのメッセ―ジ

受験生の皆さん!
グローバルな視野を身に付け、世界の様々な人々の役に立つために、一橋大学で学ぶことを勧めます。

<<prev

注目企画一覧へ戻る

next>>