phone pc

logo_icon

 アカデミック企画

 そもそも学園祭である一橋祭において「アカデミックさ」は必要なのか?と思っている方がいるかもしれません。一橋祭と言えば模擬店やステージ企画を思い浮かべる方も多いかと思います。もちろんそれらが一橋祭を盛り上げ、一橋祭に魅力を付加し、多様性をもたらしている側面はあります。ただ、それだけでは一橋祭を一橋祭たらしめているとは言えないと当委員会では考えております。その理由は日常の学びの場としての「一橋らしさ」を来場者の皆さんに発信しきれていないからです。これを外部に発信する上で一橋祭における「アカデミックさ」は必要です。また三祭合同開催が解消された今、それに代わる新たな魅力として一橋祭における「アカデミックさ」は、今まで以上に注目度を高めつつあります。

 ここでアカデミック企画と聞くと堅いイメージを抱かれるかもしれません。確かに「社会科学の殿堂」と称される、一橋らしい高度な内容を取り扱ったアカデミック企画が毎年打たれており、来場者に好評です。ただそれだけではなく、「一橋ではどのような勉強ができるのか?」という疑問に答える企画や、アニメを題材に用いた企画、普段のゼミで使用しているレジュメなどを分かりやすい解説とともに展示する企画なども行われており、気軽に一橋の「アカデミックさ」に触れることができます。

 またアカデミック企画を打つ一橋生は、来場者にいかに分かりやすく伝え、満足して帰ってもらうかということを第一に考え、本番に向けて春から一生懸命準備を積み重ねてきています。アカデミック企画ではそんな一橋生の血に滲むような努力を垣間見ることもできます。

 アカデミック企画は受験生や地域住民を中心に毎年大好評です。満席になることも珍しくありません。ぜひ皆さんも一橋祭でアカデミック企画に足を運んで、一橋らしい「アカデミックさ」に触れてみませんか?皆さんの来場を一橋生一同、心よりお待ちしております。

 ※アカデミック企画一覧はこちら



bashijobashijobashijo
red_arrow