合格体験記

合格体験記

プロフィール
1年女子 S.Rさん
2021年度商学部入学
    
・社会科目:世界史・地理
・理科科目:物理基礎・生物基礎
・共テ得点率:87%
・共テリサーチ:B
・一橋判定模試
  駿台実戦:A
  河合オープン:未受験
・私大合否結果
  早稲田大学政治経済学部
 →不合格
  早稲田大学法学部
 →合格
  慶應大学経済学部
 →合格
  慶應大学商学部
 →合格
 
・社会科目:世界史・地理
・理科科目:物理基礎・生物基礎
・共テ得点率:87%
・共テリサーチ:B
・一橋判定模試
  駿台実戦:A
  河合オープン:未受験
・私大合否結果
  早稲田大学政治経済学部→不合格
  早稲田大学法学部→合格
  慶應大学経済学部→合格
  慶應大学商学部→合格
 
勉強時間の配分
現役時
中高一貫校特有の中だるみから抜け出せず、自主学習の習慣がないまま受験勉強に突入しました。

常に周りの人と自分を比べてしまっていたので、周りがやっているからと、基礎が定着していないまま過去問演習ばかりしてしまいました。最後まで不完全燃焼の受験生でした。
浪人春
現役時に併願していた大学に入学し、大学の授業の勉強に専念していました。後々の受験勉強に役立ったのは英語の教養科目だったと思います。
浪人夏
夏休みの最終週からようやく受験勉強に着手し、仮面浪人生活を始めました。大学がオンライン授業のみだったこともあって予備校に通い始めました。尚、受験のことは合格発表まで友人には伝えていませんでした。予備校にいる周りの浪人生は皆、個人でとても静かに勉強していたので、夏休み明けから通い始めた私がクラスメイトに話しかけられるわけもなく、友人は特に増えませんでした。
浪人秋~共通テスト
9月から予備校の「演習」期間である後期が始まり、自分は高校生だと自己暗示をかけて生活リズムを整えました。授業が始まる8時40分ごろから19時半ごろまで毎日予備校で勉強していましたが、授業(本当に高校並みの時間数! )と自習の疲れで、家に帰ってからは大学の課題をこなして寝るので精一杯でした。10月にはSNSのアプリを消し、スマートフォンをほとんど触らないようにしました。

授業で共通テストを含めた全科目をまんべんなく演習できたので、自習では共通テスト1か月前まで二次の勉強のみをしていました。英語の文法を基礎からやり直したことや、時間配分をきっちりと決めて数学の得点を安定させたことが功を奏したのか、冠模試ではA判定を取ることができました。
共通テスト~二次試験
余計な問題集には着手せず、全科目ひたすら過去問演習を繰り返していました。4教科の中では世界史が最も苦手だったので(浪人なのに)、一橋の受験生全員が取れるような基本問題や定番問題を必死に詰め込み、余った時間を英語、数学、国語で分ける、という感じです。

家族は感染症対策に細心の注意を払ってくれていたのですが、私が二次試験の3日前に脱水症状を起こして2日間勉強が手につけられなかったときは本当に心配させてしまいました。寒い季節の水分補給には気を付けてください。
二次試験~合格発表
後期も一橋に出願し、前期に全く手応えがなかったので勉強を続けていましたが、あまり集中していなかったと思います。遊びは一切我慢していました。   
まとめ
以上が、約半年間の仮面浪人生活の流れです。かなり孤独な戦いでしたが、かつて人と比べて自分を評価していた私にとってはベストな選択でした。

あまり参考にはならない体験記かもしれませんが、伝えたいことは、ご自身に合ったやり方で、現役での失敗を繰り返さない工夫を少しでも多くしてほしいということです。応援しています。