合格体験記

合格体験記

プロフィール
1年男子 G.Wさん
2021年度商学部入学
    
・社会科目:地理・倫理政経
・理科科目:化学基礎・地学基礎
・共テ得点率:89%
・共テリサーチ:B
・一橋判定模試
  駿台実戦:B
  河合オープン:B
・私大合否結果
  早稲田大学政治経済学部(共テ利用)
 →不合格
  慶應大学商学部(A方式)
 →合格
・社会科目:地理・倫理政経
・理科科目:化学基礎・地学基礎
・共テ得点率:89%
・共テリサーチ:B
・一橋判定模試
  駿台実戦:B
  河合オープン:B
・私大合否結果
  早稲田大学政治経済学部(共テ利用)→不合格
  慶應大学商学部(A方式)→合格
勉強時間の配分
高1・高2
部活があったので勉強しなかった日も多かったです。ただ、定期試験期間はしっかり勉強していたので特に遅れを取った科目はありませんでした。
高3春
新型コロナウイルスの影響による自粛期間だったので家で勉強することが多かったです。学校で購入したものの、あまり解いていなかった理科基礎や倫理、政治・経済の問題集をひととおり解くことができたのは大きかったです。
高3夏
数学は基礎問題を解いて苦手な分野を少しずつなくしていきました。あまり勉強していませんでしたが、模試前は少し頑張れました。
高3秋~共通テスト
共通テスト対策を始めたのは11月くらいでした。理科と社会は予想問題を解いて、覚えていなかったところは教科書に書きこんでいきました。数学と英語は自分に合った解く順番や時間配分を見つけることを意識しました。共通テスト1日目の後に自己採点をしてしまいましたが、そのおかげで2日目はもやもやせず集中できたと思います。どうしても覚えられないところは当日の空き時間に詰め込みましょう。
共通テスト~二次試験
基本的には過去問を解く毎日でした。数学の問題はノートに解答を写して読み直すよう心掛けました。国語は漢字ドリルを買って毎日少しずつ解いていました。結構的中していたのでやった甲斐がありました。二次試験期間は無理して勉強せずに心を落ち着かせてしっかり睡眠を取ることを意識しました。
二次試験~合格発表
なんとなく自信があったので落ち着いて過ごせました。後期の勉強をしている人もいたのであまり友人と遊ぶことはありませんでした。勉強に費やしていた時間をどう使うのかを忘れていたのでとても暇でした。
まとめ
定期試験や模試前に定期的にこつこつ勉強していたことで受験期間の負担を減らせたと思います。苦手な教科をなくしていくことで点数が安定するようになりました。受験前は健康が第一です。