合格体験記

合格体験記

プロフィール
1年女子 Y.Hさん
2021年度社会学部入学
    
・社会科目:世界史・地理
・理科科目:物理基礎・生物基礎
・共テ得点率:89%
・共テリサーチ:B
・一橋判定模試
  駿台実戦:A
  河合オープン:C
・私大合否結果
  早稲田大学政治経済学部
  (共テ併用)
 →合格
   早稲田大学文化構想学部
 →合格
  慶應大学文学部
 →合格
  青山大学総合文化政策学部
 →合格
  立教大学社会科学部(共テ)
 →合格
  明治大学政治経済学部(共テ)
 →合格
  東京女子大学国際社会学科(共テ)
 →合格
・社会科目:世界史・地理
・理科科目:物理基礎・生物基礎
・共テ得点率:89%
・共テリサーチ:B
・一橋判定模試
  駿台実戦:A
  河合オープン:C
・私大合否結果
  早稲田大学政治経済学部(共テ併用)→合格
  早稲田大学文化構想学部→合格
  慶應大学文学部→合格
  青山大学総合文化政策学部→合格
  立教大学社会科学部(共テ)→合格
  明治大学政治経済学部(共テ)→合格
  東京女子大学国際社会学科(共テ)→合格
勉強時間の配分
高1・高2
部活が週に5日あり委員会活動もしていたので、特に受験に向けて勉強はしていませんでしたが、学校の定期試験で高得点を取ることを目標にしていました。
高3春
コロナ禍だったので基本的に自分で計画を立てて勉強していました。毎日朝起きて英単語を勉強し、世界史の教科書をコツコツ読んだり、問題集を解いたりしていました。数学については学校のオリジナルテキストの解き直しや、苦手分野に関しては問題集を解いていました。

この時期に自分で勉強出来たのは良かったとは思うのですが、友人に会えず精神的に参ってしまったので、息抜きをもっと積極的にすれば良かったなと反省しています。
高3夏
夏休み前に学校の各教科の先生に夏休みの勉強のアドバイスをもらいに行き、それをもとに勉強計画を立てました。生活習慣を乱さないようにすることと各教科を満遍なく勉強することを目的に、基本的に共通テストの時間割で行動するようにしていました。

社会学部は共通テストの理科基礎の配点が高いので、忘れないように夏あたりから触れておくのが大切だと思います。
高3秋~共通テスト
共通テストでしっかりと得点して、私大の共通テスト利用を取ることで安心して二次に向かいたいと思っていたので、この時期は共通テストの勉強に振り切りました。本格的に共通テスト対策を始めたのもこの時期だと記憶しています。共通テスト前は不安で精神的に辛くなりやすいので友人と話して息抜きをしていました。
共通テスト~二次試験
共通テストがそこそこ上手くいったこともあり、安心して私大対策に移ることが出来ました。行きたい気持ちの大きい私大もあったので3~5年分過去問を解いて臨みました。受けた私大は全て合格したので、やはり過去問対策は重要だったと思います。

一橋対策と私大対策のバランスには悩まされたのですが、私大受験数を5校程度に抑えて2月の後半からは一橋対策のみをするようにしました。あくまでも最終目的は一橋に受かることだったので、その目的に合わせて秋あたりから受験スケジュールをしっかりと練ることは大切だと思います。二次対策は国語、世界史、英語のライティングは学校の先生に添削を頼み、それ以外は自分で解いて解答を読むという感じでした。特に世界史は配点が高いので添削のペースを上げ、添削後の答案の復習も丁寧に行いました。
二次試験~合格発表
後期は横国(共通テストだけで合否が出る)に出していたので勉強せずゆっくり過ごしていました。私大の合格は出ていたので安心でしたが、日が経つにつれて、やはり一橋に行きたいなという気持ちが強まり、受かっていないのではという不安も強まりました。合格発表日は落ちていたら嫌だったので、気負わずに最寄り駅のホームで確認しました。
まとめ
私は受験中、精神的に不安になることが多かったです。共通テスト前も体調を崩しましたし、なかなか寝付けないことも多かったです。自分で頑張ることは大切ですが勉強してるだけで偉いんだ!くらいの気持ちで友人や先生にたくさん頼るのが良いなと思います。