menu
phone pc
logo_left logo_right

「ホテルの予約はいつやるべき?」「東京への移動って大変そう……」地方生のそんな不安や悩みを解消します。

オープンキャンパス triangle
 オープンキャンパスは毎年7月に行われ、学部紹介、ゼミの紹介、教授や学生と直に話せる受験生相談会、キャンパスツアーなどが行われ、まだ志望校を確定させていない高2生を中心に多くの人が参加しています。私も高2の夏に参加し、質の高い教育や綺麗なキャンパス、そして国立の街の雰囲気に惹かれて第一志望を一橋に決定しました。
 特に地方生は、夏休みなど比較的まとまった時間が取れるうちに受験を考えている大学のキャンパスを訪れ、それぞれの魅力を比較検討した方が良いと思います。きっと自分に合う大学が見つかりますよ。家族で東京に数泊の旅行をするついでにオープンキャンパスを複数周る人もいるそうです。
 一橋のオープンキャンパスは事前に参加予約があるので申し込みをお忘れなく!
 人気のコンテンツは例年満席になってしまうので、早めの申し込みをお勧めします。
ホテル探し triangle
 私は夏休みが終わったあと、一橋大学に志望校を変更したため、ホテル選びでは周りの受験生に後れを取ってしまったと思います。浪人生は相当早い段階で予約をしていると思われるので、現役生も受験することを決めたのであれば、早めに予約をした方が良いと思います。選ぶ際のポイントはアクセスのしやすさです。一橋大学の最寄り駅は国立駅なので中央線沿線のホテルを探すと良いと思います。私は9月ごろに探し始めたため、取れたのは少し遠い八王子のホテルでした。
東京への移動 triangle
 交通手段として主に飛行機と電車があります。まず飛行機を利用する場合です。飛行機は高価なイメージがあるかもしれませんが、LCCだと一か月前に予約すれば1万円前後で乗れる場合が多いです。出願が決まったら早めに羽田行きの便を予約すると良いでしょう。次に電車を利用する場合です。新幹線で一橋大学と福井を結ぶ直線より西から来る場合は東京駅か新横浜駅まで、東からなら大宮駅まで使うのが良いと思います。福井の人で東京駅か新横浜駅か迷う人は、乗り換えの回数や運賃などを考慮して決めるのが良いでしょう。時間的な差はそれほどないはずです。わからないことがあれば、周りの人や一橋大学の「受験生応援掲示板」に質問してください。
試験当日の過ごし方 triangle
 朝ホテルで起床しました。睡眠時間は短かったですが、緊張からか眠くはなかったです。朝食はホテルのバイキングでしたが、あまり口に入りませんでした。しかし、エネルギー切れが怖かったので、無理やり押し込みました。国立に着いたあとコンビニに入り、受験期に毎日飲んでいた某コンビニエンスストアのコーヒーとエナジードリンクを購入しました。大学に着いてからは友人と待ち合わせ、生協で最後の確認をしました。試験終了後は、その日の試験のことは忘れて気持ちを切り替え、ホテルのある立川で母親と合流し、のんびりと夕食を取りました。少し良い店に連れて行ってもらえたので気分がよかったです。ホテルに戻ってからは、世界史の教科書を読みました。時々、母親と会話して緊張を落ち着かせました。
下宿選び triangle
 下宿について全くわからなかったので、学生時代下宿をしていた親にほとんど選んでもらいました。学校からの距離、風呂、洗面台は別、ロフト付き、2階以上、〇〇畳以上、などなど自分の希望する条件を親に伝えておくと良いと思います。良い物件はすぐに埋まってしまうということで、自分は受験している間に親が来て仮押さえをしてもらい、合格発表の結果を見て本契約という形で下宿を決めました。また、合格発表後に生協が業者を紹介するサービスをしてくれたりもします。合格発表後の下宿選びは熾烈で、特に3月後半は1日を争う争奪戦が繰り広げられます。少し離れたところになりますが、小平にある学生寮に住んでいる人も多いです。