第51回一橋祭はオンライン開催です

【集中力】かるた会に学ぶ短期記憶の鍛え方

ぽん吉

テストのときに「今だけ記憶力を増やしてほしい」って毎回思ってるぽん…
記事のあらすじ
短期記憶の鍛え方について知るため、一橋かるた会さんにコツやテクニックを教えてもらいました!

短期記憶力をつけたい!

こんにちは!一橋祭運営委員会のありまです。

突然ですが、皆さんはテスト前にどうやって勉強していますか?
徹夜で勉強するけど、そのうちの大半はスマホを見てしまった経験や、その結果テスト本番では消しゴム転がして決めたり、勘で答えてしまったりした経験があるのではないでしょうか。

ちなみに、私は明日の自分を信じて前日は爆睡するタイプです(笑)

そんな時に頼りたい「短期記憶力」ですが、短期記憶をフル活用する競技といえば「かるた」でしょう!
競技かるたを題材とした有名な映画でも、札の配置を覚えるシーンがあるなど、かなりの短期記憶力が必要とされそうなイメージがありますよね!

そこで、一橋かるた会さんにご協力いただき、かるたの対局の際に「記憶」の面で注意していることを聞き出して、冬学期のテスト勉強に生かせる技を盗みたいと思います!

ありま

本日はよろしくお願いします!
こちらこそよろしくお願いします!

かるた会

ありま

まずは大変失礼なんですけれども、一橋かるた会さんの短期記憶力って本当凄いの?ということをまず確かめさせていただくため、神経衰弱で対決させてください!
わかりました…(笑)

かるた会

ありま

それでは行きますよ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

普通に負けてしまいました(笑)

ありま

いや〜〜〜負けるのはわかっていたけど悔しい〜〜〜!!!
やっぱり経験者は強いですね(笑)
かるたでは札に何が書いてあるか見えるので、いつもと少し違うゲームで緊張しました(笑)

かるた会

ありま

とはいえさすがです!

覚えるときに気をつけることは…?

ありま

それでは早速なんですけど、かるたの対局の場面でかるたの配置などを記憶する際に気をつけていることを教えてください!
そうですね、最初にかるたの対局の流れを軽く説明しますね。
まず、かるたのルールとして全100枚のうち自分の手札として25枚を取ります。この時、自分の手札25枚は自分で自由に配置できるんです!相手の手札を覚えることも大事なのですが、近くにあって取りやすい自分の手札の配置を覚えることが一番大事なんです。

かるた会

ありま

なるほど。まずは25枚を覚える感じなんですね。
そうですね!もちろん、最終的には相手の手札の位置も覚えたいんですが、全部完璧に覚えられるのはプロレベルです(笑)
覚えるときは、一枚ずつ覚えていくのではなく、何枚かのセットで覚えることがコツですね。セットの作り方としては、似たような意味の句を近くに配置してまとめて場所を覚えるとか、最初の文字が同じ句を近くに配置するとか…。何にせよ、一枚ずつ覚えていくのは大変なので、
関連性の高いものをセットで覚えるなど効率よく覚えるのがコツですね。

かるた会

ありま

なるほど!ついつい一個ずつ呪文みたいに唱えて覚えようとしてしまいがちですよね。

歴史の勉強を思い出してもらいたいのですが、一個ずつの出来事をやみくもに覚えるのではなく、一連の流れでまとめて覚えたかなと思います。それに近い感じです!

かるた会

ありま

たしかにそうやって覚えていました!
もしかして、歴史が得意だったりしました?(笑)
まぁ一応冠模試の世界史で上位20位に入りました(笑)

かるた会

ありま

やはり…!
話を戻しますが多すぎる量を一気にセットにしないように注意する必要があります。セットにして効率よく覚えることはいいんですが、どうしても一つずつの印象が薄れてしまって結局思い出せなくなってしまうんですよね!
歴史の勉強で例えるなら、いろんな時代のことを一気に覚えるのは範囲が広すぎますよね。
多すぎない量をセットで覚えることが大事なのです!

かるた会

ありま

思い出せなければ本末転倒ですもんね。
ただ、人間は完璧に覚えられるわけではないので、いろいろな覚え方をすることも大事です。かるたの対局の時は、セットで覚える方法も使うのですが、一枚ずつチェックする覚え方も使っています。つの覚え方にこだわりすぎてはいけません

かるた会

ありま

一つの覚え方で満足してはダメなんですね。

実戦的な覚え方は…?

ありま

今までコツやテクニックを教えていただきましたが、一橋かるた会さんの普段の活動で記憶力を鍛えるようなものはありますか?
活動の内容としては実戦がメインで、記憶に特化した練習のようなものは行っていないんです。
「競技」かるたという名前の通り、競技なので体を動かさないと意味がないという面が大きいです。例えば、この音が来たらこの札に向かってこう動くとかですね。実際、札の配置を暗記する際も、手を素振りしながら覚える選手が多いです。

かるた会

ありま

体を動かしながら勉強する勉強法を前にテレビで見たんですけど、これと似ているかもしれませんね(笑)
かるた初心者にも楽しんでもらう目的で、「決まり字かるた」という決まり字が書かれた札を使って練習することはあります。そんな感じで句や決まり字を体を動かしながら楽しんで覚えるというのは有効かもしれませんね!

かるた会

ありま

そういうツールがあったら小学校のときに百人一首を楽しく覚えられたんだろうなあ…

次ページ「記憶には『リセット』も大事」

1 2