白ロゴ 白ロゴforpc
topimg
次のスライドへ
開催日程変更

本年度一橋祭の開催日程変更に関して

2017年度第48回一橋祭は、開催日程を
11月上旬から11月下旬(今年度は24.25.26日)へ変更します。
これは一橋大学の学期制が4学期制へ変更したことにより、
例年の一橋祭開催期間であった11月上旬と秋学期の試験期間が重なり、
参加学生の準備等のハードルが高くなると当委員会が判断したためです。
開催時期が変更されることにより、
ご不便ご迷惑をかけることもあるかと思いますが、
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
より良い一橋祭を作れるよう委員一同努力させていただきます。
また、この変更に伴いまして、
天下市、くにたち秋の市民祭りは一橋祭とは別日程での開催となります。
天下市は3~5日、くにたち秋の市民祭りは5日開催と例年通りの開催となります。
そちらもぜひご来場ください。

第48回一橋祭 キャッチコピー&ロゴマーク

人々にユメを見させ現実を忘れさせてくれる非日常、一橋祭。その3日間がすべてのユメをカタチにできるユメミドキであってほしいという願いからこのキャッチコピーは制定されました。ロゴマークは、「めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに雲がくれにし夜半の月かな」という、楽しい時間がほんの一瞬で過ぎ去ってしまうように感じるものであることを詠んだ和歌をイメージしたものとなっています。

ロゴ
マスキャラ

第48回一橋祭 マスコットキャラクター
ぽん吉

一橋大学構内の森に住むたぬきの男の子。一橋祭の賑わいに誘われて人前に姿を現した。その愛らしい姿で多くの人を魅了し、マスキャラグランプリを2連覇した。

柳田理科雄先生講演会決定!

『空想科学読本』でおなじみ、柳田理科雄先生がトークショー・科学実験を行います。テーマは「Playback―あの名場面を科学する!?」。空想科学作品の劇中設定・描写を科学的に分析することにすると、爆笑の結論が導かれる。これこそが、作品に込められた想像力の大きな証! サザエさん、ドラえもんなどの誰もが知っている国民的作品から昨今注目を集めている人気作品に至るまで幅広く取り上げるので、少しでも興味のある方は気軽な気持ちでご参加くださいませ。

日程について
柳田先生の写真

柳田理科雄先生 プロフィール

作家、空想科学研究所主任研究員、明治大学理工学部非常勤講師。
1961年鹿児島県種子島生まれ。理科雄は本名。鹿児島県立鶴丸高校を経て、東京大学理科I類中退。
塾講師を経て、96年、『空想科学読本』を上梓、60万部のベストセラーとなる。同書は以降、シリーズ化。
2007年、全国の高校・高専の図書館向けに、週に一度『空想科学図書館通信』を無料で配信スタート。現在もWEBにて配信中。
13年、『ジュニア空想科学読本』シリーズ刊行開始。小・中学生の間で大人気となり、『空想科学読本』シリーズと合わせ、15年度「朝の読書推進協議会」の中学生の好きな本ランキング1位に。

昨年度の一橋祭の様子はこちらから

トップへ戻る