一橋祭新歓2023
委員会に入ったら…
LIFE AS A COMMITTEE MEMBER
役職紹介
役職診断

"9つ"の質問に答えるだけで、
あなたにぴったりな役職の組み合わせが
分かります!

タップしてスタート!

はい
いいえ
どちらとも言えない

あなたのおすすめ役職は



です!

詳しい活動の内容などは分科会紹介へ!

もう一度診断する
分科会紹介
一橋祭運営委員会を構成する7つの分科会をご紹介します! 1年生委員は、フェス分科会とシンポジウム分科会の中から1つ、案内装飾分科会と情宣分科会の中から1つ、計2つの分科会に所属することになります。
案内装飾分科会
一橋祭に華を添え、祭りの雰囲気を生み出す個性豊かな装飾物やキャンパス内の案内看板を制作します。自分たちの考えた装飾物の構造やデザインが形になったときの達成感、当日多くの人に楽しんでもらえる嬉しさといった経験はここでしか味わえません。夏休みには他の1年生や上級生と一緒に作業するため、たくさんの委員と交流できることも魅力の1つです! 明るく楽しい案装分科会でお待ちしています!
案内装飾分科会の
詳細はこちら
情宣分科会
情宣分科会はポスター・冊子・映像・WEBなどの作成を通じて、一橋祭の宣伝や来場者の案内をするために活動しています。広報物は一からデザインを作るため、実際に形になったときや誰かの手に渡ったときの嬉しさは格別です! 何万人もの人に一橋祭の魅力を伝えたい!!という方、自分の作ったデザインをいろんな人に見てもらいたい!!という方、情宣分科会でお待ちしています!!
情宣分科会の
詳細はこちら
フェス分科会
フェス分科会は、一橋祭を盛り上げ、来場者の方々を楽しませるためにさまざまな企画の立案・運営を行います。企画を創り上げるのは大変ですが、それらが形になっていったり、一橋祭当日に、自分たちが作った企画がたくさんの方に楽しんでもらえると大きなやりがいを感じることができます! 楽しい企画・面白い企画を創ってみたい人、ふざけたことを真面目に考えるのが好きな人はぜひフェス分科会へ! お待ちしています!
フェス分科会の
詳細はこちら
シンポジウム分科会
自分の興味を形にする「講演会企画」、一橋祭の名物「麻雀大会」、受験生の力になる「受験生応援企画」、これら3つを企画・運営するのがシンポジウム分科会です。先輩のサポートを受けながらそれぞれの企画を練り上げていきます。一橋祭当日に自分の企画が盛り上がっているのを見て得られる達成感は格別です! みなさんの興味や経験を「企画」というカタチにして祭りを彩ってみませんか?
シンポジウム分科会の
詳細はこちら
以下で紹介する3つの分科会は2年生以上の委員で構成されています。
アワカレ分科会
アワカレ分科会は、参加する全ての企画を受け入れてサポートし、加えて祭りの開催に不可欠なインフラを整備することで一橋祭の「ハコ」を作る分科会です。大学の方々と深く関わることも多く、参加団体や委員会、大学当局の間に立って利害調整を行うことも重要な役割の一つです。一橋祭に関わる全ての人の希望を最大限叶えるために日々活動しています。
渉外分科会
新入生の皆さん、突然ですがここで問題です。一橋祭を開催するのに必要な経費はいくらくらいか想像できますか? 大体1,000万円くらいです。(詳しい内訳が気になる人は新歓パンフレットの一番後ろの会計報告を見てね!)そしてその約7割を稼いでいるのが我らが渉外分科会なのです! また、みんなが愛してやまないこの国立を地域の方々と一緒に盛り上げる活動にも力を入れています!
目玉分科会
目玉分科会はその年の一橋祭の「目玉」となるような注目度の高い企画を創る分科会です! 著名人をお呼びした大規模な企画や一橋らしい企画を打ったり、多くの学内生を巻き込んだ企画を打ったりすることで、たくさんの人を一橋祭に呼び込むことが目玉分科会の役割です。「今年の一橋祭と言えば?」という質問の答えになるような企画を創るべく、日々活動しています!
委員会に入ったら…
にもどる
TOP PAGE
にもどる